医療事故・医療過誤(医療ミス)でよくある質問Q&A|弁護士・医学博士 石黒麻利子

医療過誤 医療事故 弁護士37.png

医療事故・医療過誤(医療ミス)について医療専門弁護士が答えるよくある質問Q&A

 

⇒医療法律相談について

⇒弁護士選びについて

⇒医療事件の流れについて

⇒カルテの入手方法について

⇒証拠保全について

⇒過失調査について

⇒説明会について

⇒示談交渉について

⇒医療訴訟について

⇒他の法律事務所との違い

⇒当事務所の医療関連業務

⇒弁護士費用について

⇒受付時間について

⇒アクセスについて

 

 

 


各カテゴリー内の質問文をクリックするとそれぞれのQ&Aページが表示されます。

■医療法律相談について
⇒Q1.医療過誤が疑われる場合、何をすべきでしょうか?

⇒Q2.医療過誤にはどのような種類があるのでしょうか?

⇒Q3.いつ弁護士に相談したらよいでしょうか?

⇒Q4.弁護士に相談する前にやってはいけないことはありますか?

⇒Q5.医療法律相談を依頼するにはどうすれば良いのでしょうか?

⇒Q6.「医療事故調査カード」記載上の注意点はありますか?

⇒Q7.医療法律相談をするときに注意すべきことはありますか?

⇒Q8.法律相談だけで、過失の有無は分かりますか?

⇒Q9.医療法律相談には、どのくらいの費用がかかりますか? 

■弁護士選びについて
⇒Q10.弁護士選びのポイントはなんですか?

⇒Q11.弁護士に依頼する前に注意すべきことはありますか?

■医療事件の流れについて
⇒Q12.医療過誤、医療事故事件は、法律相談後どのように進んでゆくのですか?

■カルテの入手方法について
⇒Q13.カルテ等の診療記録は、どうやって入手すれば良いですか?

⇒Q14.カルテ等の証拠保全、自己開示請求、弁護士会照会のメリット・デメリットを教えて下さい。

⇒Q15.カルテ等の自己開示請求は、どのようにするのですか?

⇒Q16.カルテ等の自己開示請求をする際、なにか注意する点はありますか?

⇒Q17.カルテ等の自己開示請求を弁護士に依頼することは可能ですか?

⇒Q18.カルテ等の自己開示請求を弁護士に依頼する場合、費用はどのくらいですか?

■証拠保全について
⇒Q19.証拠保全とはどのような手続きですか?

⇒Q20.証拠保全はどのように行われるのですか?

⇒Q21.証拠保全はどの弁護士に頼んでも同じですか?

⇒Q22.証拠保全手続に本人が立ち会うことは可能でしょうか?

⇒Q23.証拠保全の申立からカルテの入手までにどのくらいの時間がかかりますか?

⇒Q24.カルテ等の改ざん防止以外にも証拠保全のメリットはありますか?

⇒Q25.証拠保全にはどのくらいの費用がかかりますか?

■過失調査について
⇒Q26.過失調査は、なぜ必要ですか?

⇒Q27.過失調査はどのようにするのですか?

⇒Q28.過失調査には、どのくらい時間がかかりますか?

⇒Q29.過失調査だけを依頼することは可能ですか?

⇒Q30.過失調査にはどのくらいの費用がかかりますか?

⇒Q31.過失調査を依頼するときに注意すべき点はありますか?

⇒Q32.過失調査で法的責任追及が困難という結論が出た場合、もう何もできないのでしょうか?

■説明会について
⇒Q33.医療機関に説明会を開催してもらうにはどうしたらよいですか?

⇒Q34.説明会に向けてどのような準備が必要ですか?

⇒Q35.説明会の開催を弁護士に依頼する場合どのくらいの費用がかかりますか?

■示談交渉について
⇒Q36.過失調査で過失が認められたら、その後どのように進めるのですか?

⇒Q37.示談交渉はどのようにするのですか?

⇒Q38.示談交渉を弁護士に依頼する場合どのくらいの費用がかかりますか?

⇒Q39.医療機関が示談に応じない場合もありますか?

⇒Q40.示談以外に、裁判によらない解決方法はありますか?

■医療訴訟について
⇒Q41.医療過誤訴訟はどうして難しいのですか?

⇒Q42.医療過誤訴訟で、裁判はどのように進むのですか?

⇒Q43.医療訴訟の「訴状」にはどんなことを記載するのですか?

⇒Q44.「訴状」にはどのような書類を添付しますか?

⇒Q45.第1回口頭弁論期日ではなにをするのですか?

⇒Q46.争点整理手続ではどのようなことをするのですか?

⇒Q47.医療過誤事件ではどのような損害項目が請求出来るのでしょうか?

⇒Q48.医療訴訟で提出する書証にはどのようなものがありますか?

⇒Q49.医師意見書(私的鑑定意見書)の役割とは何ですか?

⇒Q50.集中証拠調べとは何ですか?

⇒Q51.「鑑定」とはどのようなものですか?

⇒Q52.「鑑定」は、いつ実施するのですか?

⇒Q53.鑑定人はどのようにして選ばれるのでしょうか?

⇒Q54.鑑定料は幾ら位ですか?鑑定料は誰が負担するのですか?

⇒Q55.医療訴訟で和解する場合もありますか?

⇒Q56.和解条項にはどんなことを定めるのですか?

⇒Q57.集中証拠調べの後はどのように進むのですか?

⇒Q58.訴訟を行う場合、第1審が終わるまでどの程度の時間がかかりますか?

⇒Q59.医療訴訟を弁護士に依頼する場合どのくらいの費用がかかりますか?

■他の法律事務所との違いについて
⇒Q60.他の法律事務所との違いを教えてください。

⇒Q61.医療関連事件以外の分野に関する法律相談もできますか?

■当法律事務所の医療関連業務について
⇒Q62.堀法律事務所が扱う医療関連業務にはどのようなものがありますか?

■弁護士費用について
⇒Q63.弁護士費用はどのくらいですか?

■受付時間について
⇒Q64.堀法律事務所の受付時間を教えて下さい。

■アクセスについて
⇒Q65.法律相談に伺う場所はどこですか?

 

▲TOPへ戻る

 

医療過誤 医療事故 弁護士9.png 医療過誤 医療事故 弁護士10.png 医療過誤 医療事故 弁護士8.png

当法律事務所の業務内容やご相談方法。弁護士費用などのご案内です。

⇒ご相談方法のご案内

⇒弁護士費用

⇒医療関連業務内容のご案内

⇒弁護士のご紹介

⇒過去の取扱症例のご紹介


医療コラム

⇒医療コラム

⇒過去の医療法律相談

⇒医学の基礎知識

お問合せ時によくある質問をQ&A形式でご紹介します。

⇒医療法律相談について

⇒弁護士選びについて

⇒医療事件の流れについて

⇒カルテの入手方法について

⇒証拠保全について

⇒過失調査について

⇒説明会について

⇒示談交渉について

⇒医療訴訟について

⇒他の法律事務所との違い

⇒当事務所の医療関連業務

⇒弁護士費用について

⇒受付時間について

⇒アクセスについて

過去の医療過誤裁判事例のご紹介。

脳神経外科 | 神経内科

精神科・心療内科 | 内科

呼吸器内科 | 循環器内科

消化器内科 | 呼吸器外科

循環器外科 | 消化器外科

整形・形成外科 | 泌尿器科

産婦人科 | 小児科・新生児科

眼科 | 耳鼻咽喉科

放射線科 | 麻酔科

美容整形 | 歯科

皮膚科 | 救急

入院管理

医療過誤 医療事故 弁護士e.png