プライバシーポリシー | 医療事故・医療過誤(医療ミス)の法律相談『堀法律事務所』

堀 法律事務所(以下「当事務所」)は、弁護士業務にて収集した業務上情報や、通常業務活動で取得した個人情報等の、当事務所が取得し利用させて頂く個人情報について、以下の方針に従い適切な措置を講じる事により、安全に利用及び管理保管いたします。

1.個人情報保護法等の遵守

当事務所は、個人情報保護法をはじめとする関係諸法規等(政令やガイドライン含む)に準拠し、本プライバシーポリシーを遵守します。

2.個人情報の取得と利用目的

当事務所では、お客様等の個人情報を必要に応じて適正に取得し、利用目的の範囲内で利用いたします。
当事務所が取得し保有する個人情報については、当事務所が受任した法律事務関連業務の遂行や関連するお客様等に対する書面等の発送や御連絡、並びに当事務所からの御挨拶や年賀状等の発送、及び事務所情報及び法律情報等のお知らせのために利用させて頂きます。
また、当事務所の弁護士及びスタッフ希望者や司法試験合格者への採用に関する御連絡目的にも利用させて頂きます。
上記の利用目的の達成に必要な範囲を超えて個人情報を利用いたしません。
但し、お客様等の同意がある場合、または法令に定められた場合などは、この限りではありません。

3.個人情報管理

当事務所では、取得した個人情報について、漏洩、不正アクセス、改ざん、不正利用、紛失、毀損、がないよう適切に管理します。
また、取得した個人情報は、業務委託先及び事業が承継される場合を除いては、第三者に対し御本人の同意を得る事なく開示しません。
尚、当事務所は個人情報を取り扱う日常的業務を、他の事業者に委託する事は原則としてありません。
但し、個人情報の取扱いを第三者に委託する場合には、委託先に対して個人情報の適正な管理を義務付け、最善かつ厳重な管理・監督を行います。
当事務所は、お客様等の個人情報を正確かつ最新の内容で保管するように努めます。
従業員等への教育についても、個人情報の安全管理における当事務所従業員の役割及び責任を明確にし、全従業者に対して個人情報の保護に関する指導・教育を継続的に実行します。

4.個人情報の開示と訂正

当事務所は、お客様等の御本人の同意がある場合や、法令に基づく場合、または利用目的の達成に必要な範囲内で個人情報を委託する場合を除き、お客様等の個人情報を第三者に提供する事はありません。
但し、情報の開示が法律に準拠しており、お客様の安全や財産の保護に必要と判断した場合には、個人情報を開示する事がございます。
また、当事務所は保有個人データに関して、御本人から開示・訂正・利用停止・削除・利用目的の通知等の要請を頂いた場合には、個人情報保護に関する法律等の規定と趣旨に従い誠実に対応いたします。

5.継続的な改善

当事務所は、上記の各条項を実践するために、継続的に検討を加え適宜見直し及び改善を図ってまいります。
また、関連法令などの制定・改正等があった場合や、当事務所で改訂の必要があると判断した場合には、事前の通知なく変更もしくは改訂する事があります。


当事務所は、本サイトあるいはEメールを通じての法律相談及び事件依頼は受け付けておりません。
Eメールでのお問い合わせ等によって、当事務所と本サイト利用者との間で法律業務に関する委任関係が直ちに成立するものではありません。

従って、当事務所に対するEメールによるお問い合わせに対しては、当事務所はこれに回答する義務はありませんので予め御了承下さい。

 

 


医療過誤 医療事故 弁護士9.png 医療過誤 医療事故 弁護士10.png 医療過誤 医療事故 弁護士8.png

当法律事務所の業務内容やご相談方法。弁護士費用などのご案内です。

⇒ご相談方法のご案内

⇒弁護士費用

⇒医療関連業務内容のご案内

⇒弁護士のご紹介

⇒過去の取扱症例のご紹介


医療コラム

⇒医療コラム

⇒過去の医療法律相談

⇒医学の基礎知識

お問合せ時によくある質問をQ&A形式でご紹介します。

⇒医療法律相談について

⇒弁護士選びについて

⇒医療事件の流れについて

⇒カルテの入手方法について

⇒証拠保全について

⇒過失調査について

⇒説明会について

⇒示談交渉について

⇒医療訴訟について

⇒他の法律事務所との違い

⇒当事務所の医療関連業務

⇒弁護士費用について

⇒受付時間について

⇒アクセスについて

過去の医療過誤裁判事例のご紹介。

脳神経外科 | 神経内科

精神科・心療内科 | 内科

呼吸器内科 | 循環器内科

消化器内科 | 呼吸器外科

循環器外科 | 消化器外科

整形・形成外科 | 泌尿器科

産婦人科 | 小児科・新生児科

眼科 | 耳鼻咽喉科

放射線科 | 麻酔科

美容整形 | 歯科

皮膚科 | 救急

入院管理

 

▲TOPへ戻る

医療過誤 医療事故 弁護士e.png