ご相談方法 | 医療事故・医療過誤(医療ミス)の法律相談|弁護士・医学博士 石黒麻利子

医療過誤 医療事故 弁護士58.png 
医療法律相談のご依頼方法
医療事故・医療過誤 医療事故 弁護士46.png医療過誤(医療ミス)についての法律相談をご希望の場合には、あらかじめお電話をいただいた上で、まず『医療事故調査カード』を当ホームページからダウンロードし、必要事項をご記入の上、当法律事務所宛にご郵送ください。

 

担当弁護士が内容を拝見し、事務局から医療法律相談の日程と当日ご持参頂く資料等をご連絡いたします。

 

なお、歯科・精神科・美容整形のご相談は受け付けておりません。

 

⇒『医療事故調査カード』のダウンロードはコチラ

 

『医療事故調査カード』は、PDF形式となっておりますので、ご覧いただくにはパソコン内に専用ソフト『Adobe Acrobat Reader(アドビ アクロバットリーダー)』が必要です。下のアイコンをクリックして、Adobe社の日本語サイトで無料にて入手(ダウンロード)することができます。

医療過誤 医療事故 弁護士45.png


「医療事故調査カード」記載上の注意点

医療法律相談を実りあるものにするために、担当弁護士が、事前に医療事故調査カードの記載内容を検討し、医学文献や場合によっては医師にコンサルトするなど調査して法律相談に臨みます。

 

診療経過等に関する情報が足りないと調査ができないので、医療事故調査カードには漏れなく具体的にご記入くださいますようお願い致します。

 

診療経過は、時系列(事柄が起きた順序)でまとめ、医療事故調査カードに書ききれないときは、A4サイズの別紙にご記入ください。別紙は、出来ればワープロ入力で、ページ数は3枚以内程度でお願い致します。

 

法律相談にご持参頂く資料は、日程調整の際、事務局からご連絡致しますので、カルテ等のお手持ち資料を事前に郵送しないようにお願い致します。

当法律事務所は、本サイトあるいはEメールを通じての法律相談及び事件依頼は受け付けておりません。

法律相談のご予約等はお電話でお願い致します。

当法律事務所に対するEメールによるお問い合わせにつきましては、内容によっては回答できない場合がございますので予め御了承下さい。

 

※なお、歯科・精神科・美容整形のご相談は受け付けておりません。

 

▲TOPへ戻る

 

医療過誤 医療事故 弁護士9.png 医療過誤 医療事故 弁護士10.png 医療過誤 医療事故 弁護士8.png

当法律事務所の業務内容やご相談方法。弁護士費用などのご案内です。

⇒ご相談方法のご案内

⇒弁護士費用

⇒医療関連業務内容のご案内

⇒弁護士のご紹介

⇒過去の取扱症例のご紹介


医療コラム

⇒医療コラム

⇒過去の医療法律相談

⇒医学の基礎知識

お問合せ時によくある質問をQ&A形式でご紹介します。

⇒医療法律相談について

⇒弁護士選びについて

⇒医療事件の流れについて

⇒カルテの入手方法について

⇒証拠保全について

⇒過失調査について

⇒説明会について

⇒示談交渉について

⇒医療訴訟について

⇒他の法律事務所との違い

⇒当事務所の医療関連業務

⇒弁護士費用ついて

⇒受付時間について

⇒アクセスについて

過去の医療過誤裁判事例のご紹介。

脳神経外科 | 神経内科

精神科・心療内科 | 内科

呼吸器内科 | 循環器内科

消化器内科 | 呼吸器外科

循環器外科 | 消化器外科

整形・形成外科 | 泌尿器科

産婦人科 | 小児科・新生児科

眼科 | 耳鼻咽喉科

放射線科 | 麻酔科

美容整形 | 歯科

皮膚科 | 救急

入院管理

医療過誤 医療事故 弁護士e.png