過去の取扱症例 |医療事故・医療過誤(医療ミス)の法律相談|弁護士・医学博士 石黒麻利子

医療過誤 医療事故 弁護士43.png

医療事故・医療過誤(医療ミス)における過去の取り扱い症例について

 

⇒脳神経外科 ⇒神経内科 ⇒消化器科 ⇒循環器科 ⇒内科
⇒外科 ⇒呼吸器科 ⇒整形外科 ⇒形成外科 ⇒泌尿器科
⇒産婦人科 ⇒眼科 ⇒耳鼻咽喉科 ⇒小児科 ⇒麻酔科
⇒看護 ⇒刑事事件 ⇒歯科    

 

 


■脳神経外科

  • 脳動脈瘤クリッピング手術
  • 頚部内頸動脈狭窄症に対する内頸動脈内膜剥離術後、半身麻痺を生じた事案
  • 頚部内頸動脈狭窄症に対する血管内ステント留置術後、半身麻痺を生じた事案
  • 頭部打撲による硬膜下血腫で手術不要とされた翌日、脳出血で死亡した事案
  • 水頭症シャント術後、半身麻痺を生じた事案
  • 脳梗塞で入院中の患者が脳梗塞の再発を見落とされ脳ヘルニアにより死亡した事案
  • クモ膜下出血に対するコイル塞栓術後、スパイナルドレナージの引きすぎにより呼吸停止し死亡した事案
  • クモ膜下出血で入院し気管切開した患者の体位交換の際気管カニューレがはずれ、看護師が皮下に気管カニューレを挿入したため皮下気腫・心肺停止となり死亡した事案
  • 介護施設に入所中転倒して頭部外傷を負い脳出血した患者が転院の遅れにより重い後遺症を残した事案


■神経内科

  • 脳梗塞再発に対する治療の懈怠によって脳ヘルニアを起こし、死亡した事案
  • てんかん重積発作で入院加療中、ラボナールの過量投与により多臓器不全を発症し、その後脳病変が見落され、脳ヘルニアにより死亡した事案
  • 抗てんかん薬投与後、重篤な肝機能障害を来した事案
  • 脳梗塞治療中、ワーファリン管理不足で脳梗塞を再発し死亡した事案
  • 顔面神経麻痺に対するステロイド治療により心筋梗塞を発症した事案


■消化器科

  • イレウス管による腸穿孔により腹膜炎を発症し、開腹手術の遅れによって死亡した事案
  • 病理診断ミスにより正常な腸管が切除された人工肛門が造設された事案
  • ERCP・EST術後汎発性腹膜炎に対する治療の遅れにより死亡した事案
  • 胃腸炎で入院中重症化し死亡した事案
  • 痔核手術後、縫合不全により死亡した事案
  • 胆嚢摘出術後、術後管理を懈怠し敗血症性ショックとなり死亡した事案
  • 大腸癌に対する手術後、縫合不全に対する処置の遅れ及び院内感染により敗血症で死亡した事案
  • 内痔核硬化療法(ジオン注)後、直腸狭窄を生じた事案
  • 鼠径ヘルニア腹腔鏡手術の際、腸管穿孔を来した事案
  • 消化管腫瘍の見落としにより手遅れになった事案
  • 注腸造影検査の際、注腸カテーテルで直腸を穿孔して腸外にバリウム漏出させ大腸切除・人工肛門造設術を要した事案
  • 大腸がんの既往のある患者が胃腸科クリニックに定期通院していたところ内視鏡検査で癌を見落とされ後医で肝弯曲に3型癌による全周性狭窄が発見された事案
  • 検査入院中の患者に対し問診を懈怠してアレルギーのある抗生剤を静注し、アナフィラキシーショックによる心肺停止から低酸素脳症に至った事案


■循環器科

  • ステントグラフト内挿術の際、血管を損傷し、失血死させた事案
  • 両側下肢閉塞性動脈硬化症に対するカテーテル検査中、脳梗塞を発症した事案
  • 上腕動脈へのカテーテル挿入後、穿刺部痛が残存した事案
  • カテーテル先端部を心臓に残置した事案


■内科

  • 感染症治療の懈怠により敗血症性ショックで死亡した事案
  • 胃がんの見落し
  • 人間ドックにおける脂肪肉腫の見落とし
  • 人間ドックにおける胆石の見落しにより急性膵炎を発症した事案
  • 大腸がんの見落し
  • インフルエンザに対する治療遅滞によって死亡した事案
  • 中心静脈栄養(IVH)の施行に際し、ガイドワイヤーを体内に残置した事案
  • 気管挿管のミスによって植物状態となった事案
  • ラジオ波焼灼術後、多臓器不全により死亡した事案
  • 中心静脈栄養(IVH)施行の際、感染症を発症し、下半身麻痺を生じた事案
  • 転院義務違反により甲状腺クリーゼで死亡した事案


■外科

  • 血管腫除去手術後、足根管症候群を生じた事案
  • 乳房温存術後、乳癌を再発した事案
  • 蜂窩織炎に対する処置の遅れ


■呼吸器科

  • 呼吸器科に定期通院中、大腸癌・肝癌が見落された事案
  • 誤嚥性肺炎に対する診断・治療懈怠により死亡した事案
  • 肺炎で短期入院中の患者が、絶食後の早朝急速に胃ろうから経管栄養を注入され吐物で窒息死した事案
  • 気管切開を受けた患者が痰による気管カニューレの閉塞により低酸素脳症に陥った事案


■整形外科

  • 脊椎内視鏡術後、麻痺を生じた事案
  • 肋骨多発骨折による血管損傷の見落しにより失血死した事案
  • 腰部脊柱管狭窄症に対する手術のミスにより半身麻痺を生じた事案
  • 人工股関節術後腸閉塞を起こし、イレウス管による腸管穿孔で汎発性腹膜炎を発症して死亡した事案
  • 股関節脱臼に対する処置後、麻痺を生じた事案
  • 膝蓋骨骨折に対するワイヤー固定後、骨折部に間隙を生じた事案
  • 骨折に対する手術後死亡した事案
  • アキレス腱断裂の見落としにより、外科手術を要することになった事案
  • 肩腱板損傷術後、装具により後遺障害を残した事案
  • 椎弓形成術の際硬膜を穿孔したところ、術後管理懈怠により髄液漏を見落とし髄膜炎を発症して死亡した事案


■形成外科

  • 子宮全摘出術後受けた瘢痕修復手術により醜状を生じた事案


■泌尿器科

  • 尿路感染症の見落としにより敗血症性ショックを起こし死亡した事案
  • 高齢者の手術適応が問題となった事案
  • 腎癌の左右臓器取り違え事件


■産婦人科

  • DICに対する治療懈怠により死亡した事案
  • 分娩監視を懈怠した事案
  • 卵巣癌の見落し
  • 弛緩出血に対する治療懈怠により死亡した事案
  • 周産期管理のミスにより胎児に虚血性低酸素脳症を生じた事案
  • 絨毛羊膜炎見落しにより胎児が死亡した事案
  • 子宮内膜症治療の際、子宮内避妊具の破片を残置した事案
  • 巨大児の分娩際、胎児に低酸素脳症を生じた事案
  • 既往帝王切開患者に対する帝王切開術中動脈を損傷して大量出血を来たし子宮及び卵巣を摘出された事案
  • 子宮筋腫に対する腹腔鏡下腟式子宮全摘術の際、そけい靱帯からポータルを刺入して操作し大腿神経を損傷した事案


■眼科

  • 網膜剥離術の手技上の過失


■耳鼻咽喉科

  • 耳下腺腫瘍摘出後、術後管理懈怠で死亡した事案
  • 耳下腺腫瘍摘出術後、顔面神経麻痺を残した事案
  • 副鼻腔炎に対する手術の際、キシロカイン中毒を生じさせ患者が死亡した事案
  • 喉頭膿瘍に対する排膿及び気管切開術後順調に回復していた患者が、看護師の吸痰中気管カニューレ閉塞により心肺停止して低酸素脳症となり多臓器不全で死亡した事案


■小児科

  • ウイリアムス症候群の診断遅滞
  • マルファン症候群患者の気胸に対する処置中、頚椎損傷を来した事案


■麻酔科

  • 挿管の際、喉頭に傷を付け、声帯溝症を来した事案
  • 術後、麻酔管理懈怠により心停止した事案


■看護

  • 看護師の薬剤誤用
  • 看護懈怠により入浴中溺死した事案
  • 脳内出血後リハビリ入院中の看護懈怠・看護師によるハラスメント
  • 入院中転倒し骨折した事案
  • 車いす移乗の際、看護師が高齢患者の上肢を骨折させた事案
  • 看護師の食事介助で誤燕性肺炎を起こし死亡した事案
  • 訪問看護師の心肺蘇生措置遅滞により死亡した事案


■刑事事件

  • 薬剤の不適切な投与によって心不全を起こし死亡した事案(医師法24条違反)
  • 医師が無資格者に医療行為を行わせた事案(医師法17条違反)
  • 救命救急科医師の殺人未遂事件

■歯科

  • 歯根管治療の際、上顎洞を穿孔し、上顎洞内に異物を残置した事案
  • 顎関節症に対するプレート固定術後、神経麻痺を生じた事案
  • 抜歯の際、下歯槽神経を損傷した事案
  • 患者の同意を得ずに抜歯された事案
  • 抜歯の際、歯肉に治療器具先端の金属片を残置した事案
  • 仮歯と本歯の形状が全く異り容貌に変化を生じた事案
  • インプラント体埋入後、上顎洞炎に対する治療懈怠により上顎洞炎を悪化させた事案
  • サイナスリフト術後、上顎洞炎を生じた事案
  • インプラント体埋入に起因する下顎骨骨髄炎が見落とされた事案
  • インプラント体埋入の際、インプラント体を下顎骨から突出させ、歯茎が腫脹して咬めなくなった事案
  • 複合歯インプラントで大きさが合わず上部構造部から肉芽が増殖した事案
  • 前歯をクラウンセラミックにする治療を受けた際、歯茎をレーザーで焼かれ醜状が残った事案
  • 術前説明と異なる治療が実施された事案
  • ジルコニアクラウン装着後、咬合不全を生じた事案
  • ラミネートベニヤ装着後、咬合不全を生じた事案
  • ブリッジ装着後、歯が抜けインプラントを要した事案
  • 咬合矯正で咬合が更に悪化した事案
  • 下顎外科矯正術後、神経麻痺を生じた事案
  • 矯正治療で奥歯が傾き痛みが残存した事案
  • 矯正施術の際、同意なく抜歯した事案

 

 

▲TOPへ戻る

 

医療過誤 医療事故 弁護士9.png 医療過誤 医療事故 弁護士10.png 医療過誤 医療事故 弁護士8.png

当法律事務所の業務内容やご相談方法。弁護士費用などのご案内です。

⇒ご相談方法のご案内

⇒弁護士費用

⇒医療関連業務内容のご案内

⇒弁護士のご紹介

⇒過去の取扱症例のご紹介


医療コラム

⇒医療コラム

⇒過去の医療法律相談

⇒医学の基礎知識

お問合せ時によくある質問をQ&A形式でご紹介します。

⇒医療法律相談について

⇒弁護士選びについて

⇒医療事件の流れについて

⇒カルテの入手方法について

⇒証拠保全について

⇒過失調査について

⇒説明会について

⇒示談交渉について

⇒医療訴訟について

⇒他の法律事務所との違い

⇒当事務所の医療関連業務

⇒弁護士費用について

⇒受付時間について

⇒アクセスについて

過去の医療過誤裁判事例のご紹介。

脳神経外科 | 神経内科

精神科・心療内科 | 内科

呼吸器内科 | 循環器内科

消化器内科 | 呼吸器外科

循環器外科 | 消化器外科

整形・形成外科 | 泌尿器科

産婦人科 | 小児科・新生児科

眼科 | 耳鼻咽喉科

放射線科 | 麻酔科

美容整形 | 歯科

皮膚科 | 救急

入院管理

医療過誤 医療事故 弁護士e.png