医療専門弁護士を見つけるポイント|医療事故・医療過誤(医療ミス)の法律相談         弁護士・医学博士 石黒麻利子

医療過誤 医療事故 弁護士40.png

弁護士選びの注意点

 

■弁護士選びは慎重に
医療過誤 医療事故 弁護士76.png医療専門弁護士を見極める一番のポイントは、医療裁判の経験を尋ねることです。今まで医療裁判を何件経験したか、それはどのような医療過誤事件だったかを聞けば弁護士の実績が分かります。さらに、過去に取り扱った医療裁判が何件「判例時報」や「判例タイムズ」(重要な裁判例が掲載される雑誌)に掲載されたか尋ねると良いでしょう。

 

インターネットで検索しますと、協力医多数とか医療事故の経験豊富などと宣伝しているホームページがありますが、協力医多数というのが実際は、民間の調査会社等で独自の協力医が殆どおらず、医療裁判の経験が乏しい場合が少なくありません。

 

良い弁護士を探すのは名医を探すのと同じくらい、あるいはそれ以上に難しいかもしれません。医療過誤を専門とする弁護士となるとなおさらですので、弁護士選びはくれぐれも慎重になさって下さい。

▲TOPへ戻る

 

医療過誤 医療事故 弁護士9.png 医療過誤 医療事故 弁護士10.png 医療過誤 医療事故 弁護士8.png

当法律事務所の業務内容やご相談方法。弁護士費用などのご案内です。

⇒ご相談方法のご案内

⇒弁護士費用

⇒医療関連業務内容のご案内

⇒弁護士のご紹介

⇒過去の取扱症例のご紹介


医療コラム

⇒医療コラム

⇒過去の医療法律相談

⇒医学の基礎知識

お問合せ時によくある質問をQ&A形式でご紹介します。

⇒医療法律相談について

⇒弁護士選びについて

⇒医療事件の流れについて

⇒カルテの入手方法について

⇒証拠保全について

⇒過失調査について

⇒説明会について

⇒示談交渉について

⇒医療訴訟について

⇒他の法律事務所との違い

⇒当事務所の医療関連業務

⇒弁護士費用について

⇒受付時間について

⇒アクセスについて

過去の医療過誤裁判事例のご紹介。

脳神経外科 | 神経内科

精神科・心療内科 | 内科

呼吸器内科 | 循環器内科

消化器内科 | 呼吸器外科

循環器外科 | 消化器外科

整形・形成外科 | 泌尿器科

産婦人科 | 小児科・新生児科

眼科 | 耳鼻咽喉科

放射線科 | 麻酔科

美容整形 | 歯科

皮膚科 | 救急

入院管理

医療過誤 医療事故 弁護士e.png