過去の医療事故・医療過誤(医療ミス)の裁判事例 泌尿器科

医療過誤 医療事故 弁護士68.png 

泌尿器科における過去の医療過誤・医療事故の裁判事例。事案の概要・請求金額・結論・争点・認容額の内訳など。

 

■目次

  1. 糖尿病,前立腺炎等の既往があり急性前立腺炎及び会陰部蜂窩織炎等と診断さた患者に対し,抗生剤の投与とともに経会陰式穿刺ドレナージを実施したことについて過失は認められず,穿刺ドレナージの手技にも過失は認められないとされたケース
  2. 経尿道的膀胱腫瘍切除術(TUR-Bt)を実施した際,診断目的に必要な量を超えて腫瘍の切除を行い,膀胱穿孔を生じさせたとして過失が認められたケース
  3. 慢性動脈閉塞につき,外科的療法を行わず,薬物療法による保存療法を選択しても,医師の裁量の範囲を超えたとはいえないとされたケース
  4. 前立腺切除手術後に患者が顕微鏡的結節性多発動脈炎を発症し死亡したことについて,手術を行ったことや術後の治療などに過失が認められなかったケース

 

 

 

 

 

▲TOPへ戻る

 

医療過誤 医療事故 弁護士9.png 医療過誤 医療事故 弁護士10.png 医療過誤 医療事故 弁護士8.png

当法律事務所の業務内容やご相談方法。弁護士費用などのご案内です。

⇒ご相談方法のご案内

⇒弁護士費用

⇒医療関連業務内容のご案内

⇒弁護士のご紹介

⇒過去の取扱症例のご紹介


医療コラム

⇒医療コラム

⇒過去の医療法律相談

⇒医学の基礎知識

お問合せ時によくある質問をQ&A形式でご紹介します。

⇒医療法律相談について

⇒弁護士選びについて

⇒医療事件の流れについて

⇒カルテの入手方法について

⇒証拠保全について

⇒過失調査について

⇒説明会について

⇒示談交渉について

⇒医療訴訟について

⇒他の法律事務所との違い

⇒当事務所の医療関連業務

⇒弁護士費用について

⇒受付時間について

⇒アクセスについて

過去の医療過誤裁判事例のご紹介。

脳神経外科 | 神経内科

精神科・心療内科 | 内科

呼吸器内科 | 循環器内科

消化器内科 | 呼吸器外科

循環器外科 | 消化器外科

整形・形成外科 | 泌尿器科

産婦人科 | 小児科・新生児科

眼科 | 耳鼻咽喉科

放射線科 | 麻酔科

美容整形 | 歯科

皮膚科 | 救急

入院管理

医療過誤 医療事故 弁護士e.png