事務所の方針|医療事故・医療過誤(医療ミス)の法律相談|弁護士・医学博士 石黒麻利子

医療過誤 医療事故 弁護士36.png

医療事故,医療過誤(医療ミス)事件に対する堀法律事務所の方針について

 

■被害者の救済と医療事故の再発防止を使命と考えています。
医療過誤 医療事故 弁護士72.png医療過誤事件では、患者さんが亡くなったり、後遺障害が残るなど、患者さんや家族の人生を変えてしまうほど重大な被害を生じますが、失われた命や身体機能は戻ってこないので損害賠償金のみでは真の解決につながりません。

 

医療過誤の被害者の多くは、真相を解明するとともに、同じような犠牲者を出さないため相手方病院・医師に事故の再発防止を求めたいという強い想いを持っておられます。堀法律事務所は、医療過誤事件の意義を、被害者の救済と医療事故の再発防止により医療の質を向上させることにあると考えています。

 

■依頼者のためにならない裁判は勧めません

医療過誤 医療事故 弁護士73.png医療裁判は、費用も時間もかかり、相手方医療機関・医師から提出された書面や証拠で傷つけられることもあり、代理人弁護士がいても、原告は、裁判が終わるまで事件にかかわらざるを得ません。医療裁判は経済的にも精神的にも大変な負担になりますので、原告本人の強い意志と家族の理解と協力が不可欠です。

 

示談でまとまるのに裁判を希望される方や法的責任追及が難しいのにあえて裁判を望む方もおられますが、堀法律事務所では、裁判のリスクを説明し、提訴すべきでないときははっきりその旨をお伝えしています。

 

▲TOPへ戻る

 

医療過誤 医療事故 弁護士9.png 医療過誤 医療事故 弁護士10.png 医療過誤 医療事故 弁護士8.png

当法律事務所の業務内容やご相談方法。弁護士費用などのご案内です。

⇒ご相談方法のご案内

⇒弁護士費用

⇒医療関連業務内容のご案内

⇒弁護士のご紹介

⇒過去の取扱症例のご紹介


医療コラム

⇒医療コラム

⇒過去の医療法律相談

⇒医学の基礎知識

お問合せ時によくある質問をQ&A形式でご紹介します。

⇒医療法律相談について

⇒弁護士選びについて

⇒医療事件の流れについて

⇒カルテの入手方法について

⇒証拠保全について

⇒過失調査について

⇒説明会について

⇒示談交渉について

⇒医療訴訟について

⇒他の法律事務所との違い

⇒当事務所の医療関連業務

⇒弁護士費用について

⇒受付時間について

⇒アクセスについて

過去の医療過誤裁判事例のご紹介。

脳神経外科 | 神経内科

精神科・心療内科 | 内科

呼吸器内科 | 循環器内科

消化器内科 | 呼吸器外科

循環器外科 | 消化器外科

整形・形成外科 | 泌尿器科

産婦人科 | 小児科・新生児科

眼科 | 耳鼻咽喉科

放射線科 | 麻酔科

美容整形 | 歯科

皮膚科 | 救急

入院管理

医療過誤 医療事故 弁護士e.png