医療裁判は何故難しいのか?医療事故・医療過誤(医療ミス)の法律相談|弁護士 医学博士 石黒麻利子

医療過誤 医療事故 弁護士42.png

医療裁判が難しい3つの理由

医療裁判では、@弁護士に医学の専門知識が要求されるとともにA鑑定意見書の作成や訴訟中のアドバイスを依頼できる専門分野の協力医が不可欠であり、かつ、B判断者である裁判官に医学的問題点を理解して頂かなければなりません。この3つの要件を全て充たすのは容易ではないので医療裁判は難しいのです。

 

@弁護士の医学知識
医療過誤 医療事故 弁護士78.png医療裁判は、専門訴訟と言われ、弁護士に高度の医学知識が要求されます。弁護士でも、病院側の代理人は、医師から随時指導が受けられ、医学文献の入手も容易です。一方、患者側の代理人の場合、医師・病院を相手に争うために、診療録を詳細に分析し、自分で専門書や医学文献を集めて勉強しなければなりません。特に高度な専門知識が要求される事案では、弁護士の専門知識の有無・程度が訴訟の勝敗に大きく影響します。

 

Aいつでも相談できる各専門分野の協力医の存在

医療裁判では、原告・被告双方から専門医が作成した私的鑑定意見書を提出しますが、私的鑑定意見書の作成を依頼できる協力医がいなければ、提訴も出来ません。本人訴訟や医療を専門としない弁護士は、私的鑑定意見書を提出できない場合がありますが、診療行為の過失が争点となるケースでは勝訴するのは難しいです。又、裁判中、いつでも相談できる各専門分野の協力医がいないと医療機関側から反論が出ても対応することができません。

 

B裁判官に医学的問題点を分かりやすく説明し理解して頂く必要

医療過誤 医療事故 弁護士79.png医療集中部(医療事件を専門的に扱う裁判所の部署)の裁判官は、他の裁判官に比べ医学知識が豊富ですが、もともと医学知識があるわけでも、長年医療訴訟を扱っているわけでもなく、医療集中部に配属となった3〜4年間医療事件を扱うだけです。特に転勤したばかりの裁判官に高度の医学知識の理解を求めるのは酷といわざるを得ません。ましてや医療集中部のない裁判所の裁判官は、医学のことは殆ど分からないことが少なくありません。そのため、医学の常識は、裁判では必ずしも通らないのです。
患者側弁護士に医学の知識があっても、裁判官に医学的知見や問題点を分かりやすく伝え、原告の主張が正しいと確信してもらう努力を尽くさなければ勝訴するのは困難です。

 

▲TOPへ戻る

 

医療過誤 医療事故 弁護士9.png 医療過誤 医療事故 弁護士10.png 医療過誤 医療事故 弁護士8.png

当法律事務所の業務内容やご相談方法。弁護士費用などのご案内です。

⇒ご相談方法のご案内

⇒弁護士費用

⇒医療関連業務内容のご案内

⇒弁護士のご紹介

⇒過去の取扱症例のご紹介


医療コラム

⇒医療コラム

⇒過去の医療法律相談

⇒医学の基礎知識

お問合せ時によくある質問をQ&A形式でご紹介します。

⇒医療法律相談について

⇒弁護士選びについて

⇒医療事件の流れについて

⇒カルテの入手方法について

⇒証拠保全について

⇒過失調査について

⇒説明会について

⇒示談交渉について

⇒医療訴訟について

⇒他の法律事務所との違い

⇒当事務所の医療関連業務

⇒弁護士費用について

⇒受付時間について

⇒アクセスについて

過去の医療過誤裁判事例のご紹介。

脳神経外科 | 神経内科

精神科・心療内科 | 内科

呼吸器内科 | 循環器内科

消化器内科 | 呼吸器外科

循環器外科 | 消化器外科

整形・形成外科 | 泌尿器科

産婦人科 | 小児科・新生児科

眼科 | 耳鼻咽喉科

放射線科 | 麻酔科

美容整形 | 歯科

皮膚科 | 救急

入院管理

医療過誤 医療事故 弁護士e.png