医療事故・医療過誤(医療ミス)弁護士Q&A『医療訴訟で提出する書証にはどのようなものがありますか?』

医療過誤 医療事故 弁護士37.png

医療過誤・医療事故について弁護士が答えるよくある質問Q&A

 

Q48.

医療訴訟で提出する書証にはどのようなものがありますか?

A48.

一般に、原告が提出する書証を甲号証、被告が提出する書証を乙号証(被告が複数の場合、以下、丙号証、丁号証となります)と称しますが、医療訴訟では更に書証の種類によりA、B、Cに分類されるなど(甲A第1号証のようになります)、いろいろな特色があります。


■A〜C号証とは

A号証は、医療・看護・投薬行為等の診療経過の確定に関する書証です。
B号証は、医療行為等の評価、一般的な医学的知見その他これに類する書証です。
C号証は、損害立証のための書証、紛争発生後に作成された書証等A号証にもB号証に属しない書証です。

 

A号証には、診療録、看護記録、レントゲン写真などの画像記録、検査所見、診断書、処方箋、投薬指示書、服薬指導の際の説明書、医師作成の患者紹介状、診療情報提供書、問診票、手術同意書、後遺障害診断書、障害認定書、死亡診断書、死体検案書、死亡確認書、刑事記録、医師の陳述書、患者・家族の陳述書等があります。

 

B号証には、私的鑑定意見書、医学文献、医薬品の添付文書、診療ガイドライン、新聞の医療記事等があります。

 

C号証には、領収書(治療費、通院交通費等)、給与所得の源泉徴収票、職場からの解雇通知書、保険会社の査定書、示談書、除籍謄本、戸籍謄本等があります。

 

書証を裁判所に提出するときは、文書の標目、作成年月日、作成者(写真の場合は撮影者)、立証趣旨を記載した「証拠説明書」を提出することになっています(民訴規則137条1項)。

 

▲『よくある質問Q&A』目次に戻る

▲TOPへ戻る

 

医療過誤 医療事故 弁護士9.png 医療過誤 医療事故 弁護士10.png 医療過誤 医療事故 弁護士8.png

当法律事務所の業務内容やご相談方法。弁護士費用などのご案内です。

⇒ご相談方法のご案内

⇒弁護士費用

⇒医療関連業務内容のご案内

⇒弁護士のご紹介

⇒過去の取扱症例のご紹介


医療コラム

⇒医療コラム

⇒過去の医療法律相談

⇒医学の基礎知識

お問合せ時によくある質問をQ&A形式でご紹介します。

⇒医療法律相談について

⇒弁護士選びについて

⇒医療事件の流れについて

⇒カルテの入手方法について

⇒証拠保全について

⇒過失調査について

⇒説明会について

⇒示談交渉について

⇒医療訴訟について

⇒他の法律事務所との違い

⇒当事務所の医療関連業務

⇒弁護士費用について

⇒受付時間について

⇒アクセスについて

過去の医療過誤裁判事例のご紹介。

脳神経外科 | 神経内科

精神科・心療内科 | 内科

呼吸器内科 | 循環器内科

消化器内科 | 呼吸器外科

循環器外科 | 消化器外科

整形・形成外科 | 泌尿器科

産婦人科 | 小児科・新生児科

眼科 | 耳鼻咽喉科

放射線科 | 麻酔科

美容整形 | 歯科

皮膚科 | 救急

入院管理

医療過誤 医療事故 弁護士