過去の医療事故・医療過誤(医療ミス)の裁判事例 美容整形 東京地判平成15年10月23日判決

医療過誤 医療事故 弁護士68.png

美容整形における過去の医療過誤・医療事故の裁判事例。事案の概要・請求金額・結論・争点・認容額の内訳など。

 

ニキピ除去のためのケミカルピーリング後,顔に肥厚性瘢痕が生じたことについて,医師の経過観察義務及び処置義務違反が認められたケース

 

東京地方裁判所 平成14年(ワ)第3856号 損害賠償請求事件
平成15年10月23日判決
【検査義務,治療方法・時期,経過観察義務,処置義務,因果関係】

<事案の概要>

患者(昭和45年生,女性)は,平成11年10月11日,ニキビを除去するため,被告クリニックを訪れ,顔にケミカルピーリング(化学的皮膚剥削術)の施術を受けた。施術の内容は,@顔面パック10〜15分,Aイオン導入約5分間(ピーリング剤:グリコール酸10%溶液),B水を含んだスポンジでの中和,Cピーリング剤(乳酸5%)顔面塗布約3分間,D水を含んだスポンジでの中和,EビタミンC10%ローション約1分間,F水を含ませたガーゼでのふき取り,Gグリチルリチン酸液顔面パック約15分というもので,看護師により実施された。

 

患者は,施術中に痛みを訴えたが,看護師は,施術を中止しなかった。患者が,施術後,看護師に対し,顔が赤くなっていて恥ずかしくてこのまま外に出られないと伝えたところ,看護師がマスクを渡したので,患者は,マスクを付けて帰宅した。

 

患者は,施術翌日,顔全体が腫れ上がり,痛みも治まらず,口唇の周りがびらんになっていたことから,被告クリニックへ行き,痛みを訴えたところ,担当医師は,エキザルベ軟膏を処方し,びらん部分をガーゼで保護した。患者は,同月17,21〜23日,被告クリニックを受診し,同様の措置を受け,同月23日にはびらん部分は改善したが,11月8日,一部潰瘍になっている疑いが生じ,11月27日治療していた部分が再度びらんになり,一部潰瘍化し,口唇周囲の発赤,色素沈着が著明となり,12月27日,患者の下顎の潰瘍となっていたところが隆起して肥厚性の変化をきたした。

 

担当医師は,その後5回のケミカルピーリング(最後の2回はトリクロロ酢酸30%溶液を10〜20秒で使用した)やケナコルト注射を行うなどして,症状改善に努めたが,最終的には,患者の顔面に鶏卵大の肥厚性瘢痕が残った。

 

患者が,被告クリニックを経営する担当医師に対し損害賠償請求訴訟を提起した。

 

請求金額

4147万2262円

結  論

一部認容(認容額761万5908円)

争  点

@本件施術によって,肥厚性瘢痕が生じたか否か
A問診,皮膚の観察,プライミングの実施等を怠ったか否か
B患者が痛みを訴えた際,本件施術を中止すべきだったか否か(経過観察・処置義務違反)

認容額の内訳

@通院交通費

1万6800円

A逸失利益

329万9108円

B慰謝料

360万0000円

C弁護士費用

70万0000円

 

▲過去の医療裁判事例 目次ページに戻る

▲TOPへ戻る

 

医療過誤 医療事故 弁護士9.png 医療過誤 医療事故 弁護士10.png 医療過誤 医療事故 弁護士8.png

当法律事務所の業務内容やご相談方法。弁護士費用などのご案内です。

⇒ご相談方法のご案内

⇒弁護士費用

⇒医療関連業務内容のご案内

⇒弁護士のご紹介

⇒過去の取扱症例のご紹介


医療コラム

⇒医療コラム

⇒過去の医療法律相談

⇒医学の基礎知識

お問合せ時によくある質問をQ&A形式でご紹介します。

⇒医療法律相談について

⇒弁護士選びについて

⇒医療事件の流れについて

⇒カルテの入手方法について

⇒証拠保全について

⇒過失調査について

⇒説明会について

⇒示談交渉について

⇒医療訴訟について

⇒他の法律事務所との違い

⇒当事務所の医療関連業務

⇒弁護士費用について

⇒受付時間について

⇒アクセスについて

過去の医療過誤裁判事例のご紹介。

脳神経外科 | 神経内科

精神科・心療内科 | 内科

呼吸器内科 | 循環器内科

消化器内科 | 呼吸器外科

循環器外科 | 消化器外科

整形・形成外科 | 泌尿器科

産婦人科 | 小児科・新生児科

眼科 | 耳鼻咽喉科

放射線科 | 麻酔科

美容整形 | 歯科

皮膚科 | 救急

入院管理

医療過誤 医療事故 弁護士