過去の医療事故・医療過誤(医療ミス)の裁判事例 小児科・新生児科 東京地判平成17年7月25日判決

医療過誤 医療事故 弁護士68.png

小児科・新生児科における過去の医療過誤・医療事故の裁判事例。事案の概要・請求金額・結論・争点・認容額の内訳など。

 

医薬品の添付文書中の用法や使用上の注意への留意を怠った投薬について担当医師の過失が認められ,担当医師の過失と後遺症との因果関係は否定されたが,患者に重大な後遺症が残らなかった相当程度の可能性が認められたケース

 

東京地方裁判所 平成14年(ワ)第15539号 損害賠償請求事件
平成17年7月25日判決 確定
【治療方法・時期,因果関係】

<事案の概要>

患者(平成9年生,男性)は,平成11年8月6日,熱発して甲診療所で被告医師の診察を受け抗生物質,テオフィリン徐放製剤等の処方を受けた。患者は,発熱,せきが続いたため,翌7日午後0時30分ころ,再び甲診療所で被告医師の診察を受けた。被告医師は,患者に対し,吸入療法を施行したが,喘鳴が改善しなかったため,午後1時ころから1時間かけて,ネオフィリン(アミノフィリン注射液。体内ではテオフィリンとして存在する。)の点滴投与を行ったが,点滴終了後の午後2時8分ころ,患者は突然けいれんを起こし,午後2時22分に到着した救急車により乙総合病院へ転送された。

 

患者は,その後,四肢体幹機能障害が残り,身体障害程度等級1級の認定を受けた。

 

患者及びその母親が,被告医師に対し,損害賠償請求訴訟を提起した。

 

請求金額

合計1億8924万5526円

結  論

一部認容(認容額 患者のみ350万円)

争  点

@患者に対するネオフィリン投与に関する過失の有無
Aけいれん発症後の処置の適否
B因果関係の有無
C損害額

認容額の内訳

@患者本人の慰謝料

300万円

A弁護士費用

50万円

 

▲過去の医療裁判事例 目次ページに戻る

▲TOPへ戻る

 

医療過誤 医療事故 弁護士9.png 医療過誤 医療事故 弁護士10.png 医療過誤 医療事故 弁護士8.png

当法律事務所の業務内容やご相談方法。弁護士費用などのご案内です。

⇒ご相談方法のご案内

⇒弁護士費用

⇒医療関連業務内容のご案内

⇒弁護士のご紹介

⇒過去の取扱症例のご紹介


医療コラム

⇒医療コラム

⇒過去の医療法律相談

⇒医学の基礎知識

お問合せ時によくある質問をQ&A形式でご紹介します。

⇒医療法律相談について

⇒弁護士選びについて

⇒医療事件の流れについて

⇒カルテの入手方法について

⇒証拠保全について

⇒過失調査について

⇒説明会について

⇒示談交渉について

⇒医療訴訟について

⇒他の法律事務所との違い

⇒当事務所の医療関連業務

⇒弁護士費用について

⇒受付時間について

⇒アクセスについて

過去の医療過誤裁判事例のご紹介。

脳神経外科 | 神経内科

精神科・心療内科 | 内科

呼吸器内科 | 循環器内科

消化器内科 | 呼吸器外科

循環器外科 | 消化器外科

整形・形成外科 | 泌尿器科

産婦人科 | 小児科・新生児科

眼科 | 耳鼻咽喉科

放射線科 | 麻酔科

美容整形 | 歯科

皮膚科 | 救急

入院管理

医療過誤 医療事故 弁護士