過去の医療事故・医療過誤(医療ミス)の裁判事例 精神科・心療内科 東京地判平成15年7月16日判決

医療過誤 医療事故 弁護士68.png

脳神経外科における過去の医療過誤・医療事故の裁判事例。事案の概要・請求金額・結論・争点・認容額の内訳など。

 

患者が,PTSDとの病名を記載した診断書の交付を医師に要求したのに対し,医師が理由を説明した上で要求を拒絶したことが正当であるとされたケース

 

東京地方裁判所 平成14年(ワ)第476号 慰謝料等請求控訴事件
平成15年7月16日判決(原審・東京簡易裁判所 平成14年(ハ)第10776号)
【診断書作成,治療】

<事案の概要>

患者(昭和54年生,男性)は,平成13年8月,交際していた女性から身上関係等を偽られて精神的に不安定になったなどと訴えて,被告病院(大学病院)精神神経科を外来受診し,担当医師に対し精神状態を安定させてほしいと依頼した。

 

担当医師は,患者に対し,パシキルの投与が適切であると説明し,強迫性人格障害と診断した。

 

患者は,その後,月に1〜2回の頻度で被告病院を受診していたが,担当医師は,患者の症状が安定化に向かっていると判断し,平成14年8月19日で診療を終了した。

 

患者は,最終診療日において,担当医師に対し,上記女性に作成させた念書,示談契約書,死因贈与契約書等(患者に対し数百万円の金員の支払等を約束する内容)を提示した上,PTSD,パニック障害,強迫性障害及びうつ状態の病名を記載した診断書を書くよう依頼した。

 

担当医師は,患者はPTSDではないとして病名をPTSDと記載した診断書の作成に応じなかった。その際,担当医師は,患者に対し,上記女性から多額の賠償金を受け取ることは常識的に考えて妥当でないこと,患者(法学部在籍)が勉強した法律知識を自己図利目的で用いるのは了解し難いことなどを告げ,病名を強迫性障害及びうつ状態とする診断書を作成し,患者へ交付した。

 

患者が,担当医師に対し,治療が不適切であったとして損害賠償請求訴訟を提起したところ,第1審で請求が棄却された。患者は控訴し,控訴審において請求を交換的に変更し担当医師の暴言等により精神的損害を被ったとして慰謝料を請求した。

 

請求金額

90万円

結  論

請求棄却

争  点

@最終診療日における担当医師の発言は違法か
A担当医師が,患者にPTSDの病名で診断書を交付しなかったことが違法か

 

▲過去の医療裁判事例 目次ページに戻る

▲TOPへ戻る

 

医療過誤 医療事故 弁護士9.png 医療過誤 医療事故 弁護士10.png 医療過誤 医療事故 弁護士8.png

当法律事務所の業務内容やご相談方法。弁護士費用などのご案内です。

⇒ご相談方法のご案内

⇒弁護士費用

⇒医療関連業務内容のご案内

⇒弁護士のご紹介

⇒過去の取扱症例のご紹介


医療コラム

⇒医療コラム

⇒過去の医療法律相談

⇒医学の基礎知識

お問合せ時によくある質問をQ&A形式でご紹介します。

⇒医療法律相談について

⇒弁護士選びについて

⇒医療事件の流れについて

⇒カルテの入手方法について

⇒証拠保全について

⇒過失調査について

⇒説明会について

⇒示談交渉について

⇒医療訴訟について

⇒他の法律事務所との違い

⇒当事務所の医療関連業務

⇒弁護士費用について

⇒受付時間について

⇒アクセスについて

過去の医療過誤裁判事例のご紹介。

脳神経外科 | 神経内科

精神科・心療内科 | 内科

呼吸器内科 | 循環器内科

消化器内科 | 呼吸器外科

循環器外科 | 消化器外科

整形・形成外科 | 泌尿器科

産婦人科 | 小児科・新生児科

眼科 | 耳鼻咽喉科

放射線科 | 麻酔科

美容整形 | 歯科

皮膚科 | 救急

入院管理

医療過誤 医療事故 弁護士e.png